セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

big city osaka

906 views

 

いま、大阪出張に来ています。

 

ホテルで朝食を取る気にはなれず、ステキなモーニングをもとめて、朝の大阪駅へ。

 

ざっざっざっ

ざっざっざっ

 

 

まるで大名行列のそれは、これは脳にくるな。と考えているうちにその行進にのまれた。

 

いろんな人がいるなぁ。

 

たとえば、いま僕の目の前にいる外国人のカップル。ヨーロッパ系かな。

彼女の背肩にはバタフライを半分にしたタトゥーがほられている。

もう半分はMichael、、(Michaelっぽい顔をしているのでそう呼ばせてもらう)、、彼の肩にほられているのだろうか。見せておくれよMichael。

 

彼女は右の背肩にほられている、、ということは、おそらくMichaelの左の背肩にもう半分のバタフライは存在していて、ふたりが寄り添うと蝶々が完成するってわけか、、、どうなんだMichael…

 

 

優しそうなMichael。

 

 

その彼女は、彼に依存している。

彼を手に入れておかないとどうかなってしまうのだろう、、か。

 

言い方を変えてみよう。

 

その彼女は、彼に所属している。

彼に所属、なにかに所属していないと不安なのだろう、、、居場所がそれってことか。現在の居場所が。

 

それを失うまいと彼女はMichaelを縛り付ける、、はたまたMichaelの方か、、均等に釣り合うことなどあり得ないと筆者は考えている。欲しがるとダメだ。

 

言わずもがな、の欲しがりバージョンが理想だ。欲しがらずもがな、、??

 

 

居場所と居心地、、

果たしてそれらは、同時にあれるものだろうか。

 

 

カップルの隣では、ひとり楽しそうにiPadをなにやら触っているアニメオタクっぽい人がいる。

 

 

Michael、、そのピッチピチのTシャツをJessicaと喧嘩した勢いで破いてはくれないか。。

『へい!どうすんだよ!このバタフライ!!半分バタフライ!!』

.....

 

 

 

そんなことを、大阪駅の素敵なパン屋さんで考えながら、モーニングな時間を過ごしている。

 

塩パンは八幡浜の方がうまい。

 

 

 

 

ページの先頭へ