セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

37歳でも終わっていない。

1,155 views

芝の季節が終わりました。

2019・ウインブルドン。

世界No1ジョコビッチ 対 ウインブルドン史上最多優勝を誇る芝王子・フェデラー。

 

5時間の死闘を制したのは ジョコビッチ だった。

いやぁ素晴らしい試合でした。生で観に行きたい。前澤社長、羨ましいッ!

 

終わってみて数字だけ見ると、フェデラーの勝ちのようなスタッツにびっくり。ほとんどの数字がジョコビッチよりフェデラーの方が良かった。

 

最終局面には、フェデラーに2回のチャンピオンシップポイントがあった。

 

しかし、いくつか訪れた超超大事な局面をことごとく制したのは ジョコビッチ だった。

 

試合後のフェデラーのインタビューが素敵すぎるのでご紹介して〆ます。

 

『37歳でもまだ終わっていない、ということを他の人々に信じるチャンスを与えられたと願っている』

 

5時間近くのマッチを終えて…

『いい気持ちだよ。もちろん回復するには時間を要するけど、すべて出し尽くしたし、気分は悪くないし、まだこうして立っているし。世間の37歳たちも同じ気持ちであることを願うよ。』

 

 

 

※望月選手のことは取ってつけたように書きません。彼にとってはまだまだ通過点に過ぎないことでしょう。いつか大きく特集記事を書きます。

 

 

 

 

ページの先頭へ