セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

自意識ライジングday

  • # 筆者のおすすめ
1,062 views

 

世の男子諸君ならお判りいただけるだろうか。

今日は自意識ライジングday。そう、バレンタインdayだ。

皆さんはどう無事に過ごせていますか?

 

 

朝、靴箱をやや高鳴る胸をやり過ごしながら開ける。…ふぅ。1日が始まる。

そのまま教室へ。着席。気づかれないようにそっと机に手をいれて確認。…ない。

休み時間、わざと席から、いやむしろ教室からでる。戻ってきて机をさりげなく確認。…ない。

昼休みを終え、机およびカバンをさりげなく確認。…ない。

下校の時間になってもいつもよりすぐには帰路につかない。…まだか。

ゆっくりめに歩いて帰る。 後ろから走ってくる女子!! そのまま追い抜かれた…。

 

そんな日々を過ごしてきた男子諸君は、大人になっても多少なりとも「自意識ライジングday」が残っているはずだ。個人差はあるだろうが…。女子はそりゃ後だしだからさ、そんなことないじゃない。

 

そんな話を従業員さんにしたら、

ちょっとマジで何言っているのかわかんない…汗

という顔をされたのはもう2,3年前の話。

 

 

普段ならなんにも思わないことも、1年で今日だけは自意識が邪魔をする…。そんな辛い1日だ…。

 

 

 

 

以下、回想。

 

 

 

 

ピンポーン

ぅん?? あ、近所の山崎さん。こんにちは。

縄跳びしない?

いいよ

 

橋のたもとでふたりで縄跳び。

夕焼けに聞かれるまえに

 

はい、これ。

え?

バレンタインでしょ、今日。

背中に小さな手をまわし、そっと着飾った小さな箱をさしだす山崎さん。

 

あ、ありがとう…。

僕は照れていたんだ。うまく言えたかな。

嫌そうに思われなかったかな。

 

 

じゃ、じゃあね。

うん。

 

 

…山崎さんはそのあと転校していった。

 

元気でいるかな。

 

 

 

 

ページの先頭へ