セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

人の話を聞く。

431 views

正直、タイトルにあります「人の話を聞く」って、私、もしかして、苦手かもしれない。と思い始めたのは32歳頃からでしょうか…(読者C:知らんがな)

 

 

私は趣味で、週に1,2回硬式テニスを始めてかれこれ、、、5~6年?くらい経つのですが、

 

(おいおい、またテニスの話ですk、、、そろりそろり…)

 

ササササッ!!!!(※前に回り込む動き)

 

(むむむ汗)

 

タイトルを読んでもらっていいですか?

 

(、、、人の話を聞く。)

 

ね?じゃあ、聞いていこうよ。まぁまぁ良い話だから。

 

(あのー、このやりとり求めてる人いるの、、、k、な ?)

 

 

 

はい、ということで (…聞いてないじゃん)

 

硬式テニスを始めて5~6年たつのですが、去年は飯塚で開催されたCクラスの試合で優勝したりするところまでは来ました。

 

 

 

 

 

 

※一応、証拠写真貼ります。(読者A:誰のために笑)

 

んが!しかし!!

今のままではBランクでは勝てません。解っているのです。

 

 

 

イエス。そう、サーブが全然完成していないのです。

 

 

もともと僕は軟式(ソフトテニス)経験者なので、どうしても、硬式テニスのサーブの理屈が良くわかんなくて、、正直、カチッと掴めないままなのです。

 

 

サーブが安定しないと、全体的に気分も乗っていかないので困っています。

 

自分なりにYouTubeを見たり、本を買って勉強したり、色々試して、試行錯誤の繰り返し。時々は「おぉッ!!来たかコレ!!」という瞬間もあるのですが、安定感がない身につかない。

 

 

より強く、上のクラスでも勝つためには、サーブを仕上げないと難しいことは誰よりも解っているのです。(読者A:どこ目指してんの?)

 

 

 

ほいでからどうしてか、私はなんか知らんけど変わりました。

いつ、どのようにきっかけがあったのかは解りませんが。

 

時々、北運動公園で壁打ちするのですが、自分よりも上手な人と壁打ちが一緒になったときに、ふらりと近寄り、頭を垂れてこういいます。

 

 

「すいません、サーブ教えてください。」

 

 

 

そうすると、皆さんそれぞれの自論や表現で教えてくれます。感謝です。

 

「今の君のサーブはこうなっていて、ここがこうで、ほんとはこう。」

「たとえるなら、あれこれほにゃららって感じ。」

「僕はこう打ってるけど、君はこうだからああです。」

 

とか教え方や分析の仕方も様々。だって、テニスのサーブもみんな同じフォームかというと、プロもアマチュアもそれはもう見事にてんでバラバラです。

 

でも、共通することだってあるはず。

 

私は 

(この方が表現しようとしていることは、自分のフォームが思った以上にこうなっているから、こうしなさい、と言っている、、でもそれをするには、いやしかし、、)

 

(あの方はこう言っていた、そして、この方も表現は違えど、おそらく言いたいことは共通している気がする、、、と、いうことは、、)

 

など、様々な分析から試行錯誤し、遂に、、

 

軟式サーブのクセが抜けない私のサーブの根本的な問題に気づけた!!

気がする!!!(気がするんかーい!!ww)

 

 

 

 

つい、熱くなってしまって長くなってしまいました。

ここまで読んでくれた心優しい読者さまに僕はいま、お礼のウインクをしているよ。

 

最後に好い事いって〆たいと思います。

 

 

出来なかった人が出来るようになれば、

最初から出来ていた人よりも、出来ない人を助けてあげることができる。 

 by Kazuya Yamashita.  

 

 

ページの先頭へ