セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

メリット

  • # ニュースブログ
1,296 views

シャンプーの話じゃないよ。

弊社のブログをちょくちょく覗いていただいている方は「今度はシャンプーの話かよ」と思ってしまいがちな弊社のNewsブログ。

 

今日はシャンプーの話ではありません!!!

え?私ですか? ちなみに ULOS(ウルオス)ですね!!

 

 

はい。

 

 

昨今では、綺麗で設備も立派な賃貸アパートもあちらこちらで拝見し、そもそも不動産を買う必要ないんじゃないか?

わざわざ買うリスクを冒す必要はないだろう。と考える方も増えてきているのではないでしょうか。最近のアパートを拝見すると、私でもそう考えてしまいます。

 

 

しかしその一方で、人生100年時代!いつまでも健やかに暮らしていきたい。今後ますます医療も発達し、健やかに活き活きと過ごせる時間は増えていくような気がします。

 

「買っておけばよかった」と呟いている方々がいらっしゃるのも事実でしょう。

 

住宅ローンを30歳で組んだとしたら、65歳には完済!!しゃあ!0円になる!月々の住まいへの支払いはなくなる!!

 

と、「借金が0円になる」ことに関心がいっている方が多いように思いますが、、、それもいいですが、私がお住まいを所有して大事なんじゃないかなぁ~と考えるポイントがありまして。

 

 

住宅ローンの借金が減っていくスピードの方が早いわけで、いつか借金の額がお持ちのお家、不動産の価値を追い抜くときがくるわけです。

 

つまり、2,000万円借入して中古住宅を購入して、5年10年15年と返済していく。

そうすると借金の額も 1800万、1500万、1,300万 と減っていくわけです。

 

残りの借金額=不動産価値、となれば、ざっくりいうと なんかあっても相談して頂ければどうにかなります。そのまま住むもよし、家族構成が変わって家を売却するもよし、賃貸で貸し出すもよし、買い取ってもらうもよし。

 

一生懸命返済して借金が0円になった!!! というゴールもいいですが、不動産は株のように価値があります。資産になるわけです。

大事なのは、

無理な借入をしないこと と 価値の見合わない不動産を買わないこと

でしょう。

 

理想のお家を建てて普通に月々の返済をしていっても15年後の借金は2,000万以上残っているケースもあります。売却する場合は、原則一括で返済しないといけません。つまり、手持ち金を充てられない場合は、借金以上の金額で売りだすことになります。もちろん無理のない借入をキープできるなら問題ないですけどね!羨ましい!がんばるぞ!

 

 

いやいやでも、家の維持修繕費用がかかるではないか!!という踏み込めた方はいらっしゃいますか?そうなのです。お家にはマンションと違って修繕積立金はありません。

 

だからなおさら、無理な借入をしないことが大事ですよね!

 

 

え、じゃあ維持メンテ費用はどのくらいかかるわけですか。。。

ここから先はさらにディープなセイブワールドになっていきますので、ご興味があられる方はお問合せ下さい。

 

 

だいぶ、ざっくりしたお話ですけどね。

ざっくりはしていますが、的は得ていると思います、セイブ不動産。。

 

 

 

ページの先頭へ