セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

チチパスに涙。

613 views

全仏オープンテニス2021 終わりました。

 

 

男子決勝: チチパス 対 ジョコビッチ 🎾

 

(…なんだ、テニスの話か… ) 

 

ちょ、ちょま!!

いま、帰ろうとしました?!

 

解りやすく!、今年こそ、いや、今年も!!より一層わかりやすく!

そして、いい話なんで!どうか行かないで!

 

チチパスのためにも…どうか。

 

(どうせ、チチパスがイケメンだからでしょ?)

 

違います!!!!(ひときわ大きな声)

チチパスは確かにイケメンだが、私のタイプではありませんッ!!!!!!

 

!?!!!?? 

 

私( ・・・真剣なまなざし )

読者代表さま( ・・・ちょっと何言っているのかわからないけど、まぁ読んでくか… )

 

 

本ブログのディープな読者さまは、私がジョコビッチファンだということをご存じだと思います。ええ、私はジョコビッチのファンです。

 

結果は、ジョコビッチの優勝。

 

 

ですが、私はチチパスに涙しました。

 

テニスというスポーツは競った試合となると、1セット1時間はかかります。

それを5セットとなると5時間近く戦うこととなります。

相手を見ながら、戦略や体力もありますが、いかに質の高いプレイを続けながら大事な場面を取っていくか。

 

 

決勝戦は世界ランク1位のジョコビッチを相手に、チチパスが2セット連取。驚きましたが、チチパスの勝ち上がり方を観ていたら、僕はあり得ることだと思っていました。問題はこっからです。

※ちなみにチチパスの世界ランクは5位です。

 

 

で、結果は、

 

3セット、4セット、5セットと ジョコビッチが連取し、ジョコビッチが優勝するわけです。

 

ここで、ハンター×ハンター風にお話します。

選手の状態・調子は常に変化します。 

それを < B・A・AA・S・SS >の5段階とします。

 

1セット目 -6でチチパス。 チチパス(S):ジョコビッチ(A)

2セット目 -2でチチパス。 チチパス(S):ジョコビッチ(A)

3セット目 3-でジョコビッチ。 チチパス(AA):ジョコビッチ(S)

4セット目 2-でジョコビッチ。 チチパス(A):ジョコビッチ(S)

5セット目 4-でジョコビッチ。 チチパス(S):ジョコビッチ(S~SS)

 

 

といった感じです。わかりますでしょうか?

 

そうです、チチパスは優勝していてもおかしくありません。

 

ジョコビッチが強すぎます。

 

ご覧の通り、チチパスは質の高いプレイをジョコビッチ相手によくキープしました。感動しました。

 

しかし、ジョコビッチは徐々に徐々に上げていく、右肩上がり続け、試合の大事な場面ではSS状態になります。

 

 

チチパスは、とても良いテニスをしました。

正直あれで優勝できないなんて、相当悔しいと思います。

ギリシャ人初のグランドスラム決勝進出。

 

彼はまだ22歳。並居る強豪を倒して、やっとこさ手にした夢のグランドスラム優勝への切符!

 

 

その舞台で素晴らしいプレイをしました。

 

 

出し切れなかったなら、悔しさも後悔も、残ろうかと思います。

 

 

“これだけやっても勝てないのか…” という

 

 

 

ただただただただ、ひたすらに、悔しい。

 

 

 

 

試合が終わってから、表彰式、インタビューがありますが、彼を見ていれば伝わります。会場も同じです。彼を称える鳴りやまない「チチパス」コール。

 

 

 

 

だが、勝てなかった。

 

 

ジョコビッチは生涯グランドスラムを2回達成するというとんでもない偉業達成。(※生涯グランドスラムとは、テニス4大大会【全米、全仏、ウインブルドン、全豪】を全て優勝すること)

 

 

 

チチパスの悔しさに、僕は涙しました。

悔しいだろう。

悔しいだろうな。 そう思うと泣けてきたのです。

 

それだけに、彼は良かった。

 

 

 

こうやって書いていても泣きそうになります。

ありがとう、チチパス。

 

なにか大切なことを、教えてもらった気がします。

僕も自分のテニスに活かしたいと思います。

 

読者代表の言葉:(テニスに活かすのかよ!)

 

ページの先頭へ