セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

2,000万を超える中古住宅

  • # 筆者のおすすめ
958 views

新築住宅、中古住宅。

「中古なのに新築くらいの値段がする」

と思われたことや、聞いたことはおありでしょうか?

年々、日増しに、よく聞くような気がします。

 

 

私は下関では80万円の家から8,000万の家まで中古住宅をお取引させていただいたことがあります。安かったのでしょうか?高かったのでしょうか?

そのどちらも思いません。それぞれに適正な価格だったと思います。

 

不動産の値段は、

土地の価値 + 家の価値 (+既存の家にリフォーム等で加えた価値) 

なことは明らかです。

 

それに、個人的には「中古住宅は年数が経過していて価値がない」みたいな考え方はとっても嫌いです。むしろ、30年40年50年…100年と、経過した実績をむしろ評価してもいいはずです。

劣化して傷んでいるところは直し、良いところは引き継ぎながら新たな価値や性能を加えていく。それがリフォームやリノベーション工事です。

 

 

どうして価格が新築とそんなに変わらないのか? 

 

はたまた 

‟ 同じ中古住宅なのにどうしてそんなに価格に差があるのか? ”

そんな声も聞かれました。

 

実際にあった例では、同じ地区で3つの家がありました。

A:新築建売住宅 2,580万

B:弊社中古住宅 2,280万 ※リフォーム済

C:他社様中古住宅 1,890万 ※リフォーム済

 

ちなみにいずれも売れました。

少々の差はありますが、同じ地区ということで坪単価を仮に18万としますと

【 土地の価値 】

A:土地40坪・720万

B:土地60坪・1,080万

C:土地75坪・1,350万

 

 

それでは、建物価値は? 簡単ですね。総額から引けばいいですね。

 

【 建物の価値 】

A:2,580万-720万 = 1,860万

B:2,280万-1,080万 = 1,200万

C:1,890万-1,350万 = 540万

 

だいぶざっくりした説明で恐縮ですが、いずれも妥当な範囲だと言えるでしょうし、実際にそのくらい費用自体はかかっていることでしょう。しかし、

 

‟ 家の性能や状態には、その価格差の通り差があります。”

とくに中古住宅には大きな家から小さな家、、リフォーム履歴、立地、日当たり、様々な姿・形・経過してきた時間も関係してきます。

 

弊社のリフォーム・リノベーション工事では実際に同等もしくはそれ以上の費用はかけています。他社さまのリフォームや新築住宅だってそうでしょう。

 

住宅ローンをご利用の場合の支払にも差がでます。

【 住宅ローンをご利用の場合 】※物件価格を借入した場合。金利0.975%・期間35年で試算。

 

A:72,529円/月

B:64,095円/月

C:53,132円/月

 

 

2,000万を超えた中古住宅が一概に高いのではなく、その土地その土地はしっかり資産として評価でき、それぞれに価値ある建物が加わっているはずです。

 

 

「高い中古、安い中古」という周りの言葉に惑わされずに、もっと我々専門家に気軽に相談して、気に入ったお家・不動産の価格に自信をもった上で選んでもらいたいものです。

 

価格には必ず根拠があるのですから。不動産屋さんはその根拠をきちんと示してくれますよ。

 

 

※掲載写真のお家は成約済です。Beauty艶梁の平屋。素敵な建具をありがとう。

 

※築100年の漁師町の家。網・籠・富士。

 

 

ページの先頭へ