セイブ不動産

Newsblog

ニュースブログ

広いな、大きいな。

533 views

四国生まれの私は

故郷に帰るたび、地平線まで広がる海に

『うーみぃ〜はひろいーな。おおきいーな〜』

の気分を味わっております。さらにはそこは瀬戸内海なわけですけど…汗

 

メルボルンを離れるとき、しばらくして飛行機の窓から外を覗くと、眼下に広がっていたのは赤土の大地。

 

あら

海は、、見えません。

 

海のように地平線まで続く赤土の中を、散り散りに直線的かつ人為的に引かれた線は、おそらくは人が通る道。

 

 

無論当然なことだが

私がいま見下ろしている一面に広がる大地も、地球の至極ほんの一部にすぎず

 

その一部の風景の中のさらに一部にしか、人類の足跡は見えない。

 

当然ながら、世界は広いし

私たちが知らないことはまだまだたくさんある。

未開の大地や海底もあるに違いない。

 

帰りの飛行機で映画“GODZILLA”を観ていましたが、、

「地球には海底トンネルがあり、GODZILLAはそこを移動している説」というのを話すシーンがありました。軽いタッチで扱われていたシーンです。

 

 

とてもありえるな、と思いながら想像を巡らせ

 

“またあり得ないことを言ってる”的な作中のやりとりに

『なぜそう言い切れる?一部を見ただけで、決めつけてはいけない。』

 

と考えてたりしていた。

 

それらが直接に影響したわけではないけれども、映画を見終わり評価を求めるそれに、私は星2つを押させて頂きました。

誤解のないように申し上げておこう、、庵野監督の方の“シン・ゴジラ”は素晴らしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ